有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでもブログ

最強格闘家になろう

真・最強格闘家になろう第十一話「兜合わせ」

炎山と桜井は一瞬硬直した。 突然現れたこの闘志剥き出しの男は一体なんだ?いや、それ以上にもしもこの男が加勢すれば3対2になる。 となると、こちら側が圧倒的に不利。 どうする。 その思考が頭を巡り、一瞬の硬直が生まれたのであった。 普段、ルールの中…

真・最強格闘家になろう 第十話「ガチのプロレスラー」

「やめましょう、原さん」 山口は炎山と原の間に割って入る。 「やめとけ、炎山」 桜井も同様に割って入る。 「先輩、俺ら矢吹の闇討ちに来たんすよね…なら野試合に慣れておくべきかな〜って思うんすよ。ね、やっちゃいましょうよ」 桜井は黙した。 炎山キヨ…

真・最強格闘家になろう 第九話「引力」

下衆際は前田が落ちるのを確認したと同時に出口目掛けて走り出した。 人をかき分け階段を駆け下りる。 あと数分もすれば騒ぎを聞きつけた警察官が押し寄せるだろう。 その前に逃げてしまわないと。 一階に降りれば、人の群れを縫う様に走り去っていく、人々…

真・最強格闘家になろう 第八話「強襲」

ここはとある地方都市の繁華街の一角。 道には提灯や看板が立ち並ぶ飲み屋街である。 そのうちの1つ。安くて早い雑多な居酒屋。若い客が多い。賑わう居酒屋、その2階で4人の男は酒を酌み交わしていた。 「だから、いたんですよ!!!本当に宇宙人は!!!」…

真・最強格闘家になろう第七話「二匹の若虎」

新幹線のボックス席。 そこに座る3人の男は異様な姿だった。 まずデカい。全員の身体が常人のそれとは比較にならないくらいの厚みがあった。 1人は無精髭をたくわえ、髪はボサボサの山の様な大男であった。目は小さく、鼻は潰れ、耳は湧いていた。所謂餃子耳…

真・最強格闘家になろう 第六話「二度目の逮捕」

楊 梁が4つの団体の男たちについて語り終えた時、加賀八明はふっとため息をついた。 「ならほど…つまり、俺は四面楚歌ってわけか」 「その通りだ。幾らお前でもこれだけのメンツを一度に相手出来まい。昔馴染みのよしみだ。少しの間匿ってやろうか?」 楊 梁…

真・最強格闘家になろう 第五話「神の依代」

甘かった。そう琴春菊が思った時、明らかに手遅れであった。 ドームでの総合格闘技イベント。そこで琴春菊が相対しているのは、現役横綱の 黒鵬(こくほう)である。 モンゴル出身のこの力士は休場なし、10場所連続優勝。破竹の勢いで白星を稼いでいる史上最強…

真・最強格闘家になろう 第四話「鬼」

講道館柔道の歴史には鬼と呼ばれる男が3人いた。 1人は柔道の創始者嘉納治五郎の高弟である横山作次郎。明治神宮大会を3連覇した牛島辰熊。そして、歴代最強柔道家と言われ、力道山との疑惑の勝負により表舞台を去った木村政彦である。 木村政彦から数えて50…

真・最強格闘家になろう 第二話「超進塾」

日本、いや、世界最大規模の空手塾、 『超進塾』 過去、猫田戦やガンギマリ敬之も所属していたその空手界の虎達が掲げるスローガン。 それが 『超進塾は最強たれ』 それを実直守り続けてきた男たち。 日本最大最強の武力集団。 それが超進塾である。 その超…

真・最強格闘家になろう 第一話「集う男たち」

ハンターハンターより 加賀八明道場の前に一台の車が止まった。 黒塗りの高級車であった。 そこから一人の男が出てくる。 男はボディガード二人と共に道場の中に入っていった。 「まさか、あんたが訪ねてくるとはな…」 加賀八明とその男は応接室でテーブルを…

真・最強格闘家になろう 目次

最強の称号を手に入れた矢吹晴男。 しかし、それを狙う男たちが現れる。 風雲急を告げる新シリーズ。 最強強奪編 真・最強格闘家になろう 第一話「集う男たち」 - 有限会社MUGEN本舗 真・最強格闘家になろう 第二話「超進塾」 - 有限会社MUGEN本舗 真・最強…

最強格闘家になろう第70話『俺たちの明日』

対抗戦から1年が経った。 日本は乂門により荒らされていたのが嘘のように復興し、人々は日常へと戻っていった。 とある地方都市のビル壁面にある大型液晶モニタでは、とあるニュースが流されていた。 宇宙人にさらわれていた、吉岡清一郎(34)と山口・ヴィク…

最強格闘家になろう第69話『最強格闘家になろう』

肥大化し、純白の世界を満たそうとしていくレプタリアン斉藤。 その姿に及び腰になり、真島浩高は思わず半歩後ろに下がった。 「逃げるな!!!ヒロ!!!」 矢吹晴男が叫ぶ。 「足を開き、重心を落とせ。右腕を引き、左手で狙いを定めろ!!!」 「はい!!…

最強格闘家になろう第68話『最終奥義、サイコダイブ』

乂門により拉致された真島浩高。 目が覚めると、彼は鎖で全身を縛られ、天井から吊るされていた。 「な、身動きが取れない」 暗室であった。 一寸先も見えない。 しばらくすると、ぼんやりと部屋の中に明かりが灯った。 その明かりをじっと見るとそこに男が…

最強格闘家になろう第67話『ラップバトル』

2人の男がコロシアムの中央で向かい合った。 観客のボルテージは頂点に達している。 1人の男は全身黒ずくめだった。 黒いシャツを着、黒いズボンを纏い、黒い靴を履いていた。肌は浅黒く、真っ黒な髪を肩まで伸ばしている。目は剃刀で切った様に細い。 加賀…

最強格闘家になろう第65話『死闘再開!!!ラウェイの恐怖』

「ナンカ…トンデモナイハヤサデカコヘンガオワッタキガスルゼ…」 スティーピーワンダーは試合会場でつぶやいた。 「とても投げやりな何かがあった気がする…」 治療を終え、ベンチに戻ってきた藤浪ドラゴンもそう言った。 乂門対加賀一族の対抗戦も副将戦にも…

最強格闘家になろう 第五十八話「デジャブ」

朴斗。時代が生み出した悪魔。 彼は第三試合開始の合図を告げるドラが鳴ったと同時に懐からカレーライスの載った皿を取り出した。おそらく、そのカレーライスは毒入りであろうことは容易に想像できた。 「お前に食わせてやる…」 にやりと朴斗が笑い。カレー…

最強格闘家になろう 第五十五話「カレクッドゥ」

カレクッドゥ。神戸が生み出した悪魔。 彼は第二試合開始の合図を告げるドラが鳴ったと同時に懐からカレーライスの載った皿を取り出した。おそらく、そのカレーライスは毒入りであろうことは容易に想像できた。 「お前に食わせてやる…」 にやりとカレクッド…

最強格闘家になろう 第四十九話 「地獄コロシアム」

宇宙海賊ミームは敗れた。 マントは引きちぎられ、サイコガンは折られ、全身の骨を砕かれ、眼帯は引きちぎられた。 そして、服もはぎ取られ、裸を曝け出し、呆気なく負けた。 「なんだ?こいつ?威勢だけは良かったが雑魚じゃねえか?」 乂門の1人がそう呟く…

唐変木と猫娘 第1話「猫娘、唐変木と出会う」その2

目次 4.距離感近ッ!!! 5.狼男現る 6.猫娘爆誕 7.契約しよう 8.いざいかん 9.鬼退治 10.その後 11.鬼退治は続く 4.距離感近ッ!!! 図書委員の仕事が終わった頃、時刻は夜の18時になっていた。 「やっと、終わったね」 私は本を全て片付け終わり、図書室…

唐変木と猫娘 第1話「猫娘、唐変木と出会う」その1

どうも、遂になろう作家になっちまった牛丼一筋46億年です。 「最強格闘家になろう」がひと段落したので、新しい小説を書きはじめました。 ラノベとか恋愛モノっぽいのを書きたいと言う柄でもないことを考えております。 コメントとか書いてくれたら嬉しいぞ…

最強格闘家についての雑記と今後の小説について

最強格闘家になろうの第二部を書き終えた。 これにてトーナメント編は終了して次回からは全く新しい局面が始まるわけである。 普通小説ってのはストーリー曲線書いて、大まかな流れを決めたらプロットを書いて、そのあと細かい設定や伏線を練って、更に並行…

最強格闘家になろう 第四十七話「第二部完結」

武道館から黒蟻の群れの如く人々が流れ出てきた。 皆、口々に今日の試合の感想を話し合い、その顔は満足気であった。死闘に次ぐ死闘であった。 この喧嘩凸トーナメメントで最強の格闘技とは?と言う問いに対する答えの一端が分かった。 最強はドラゴンカーセ…

最強格闘家になろう 第四十六話「ラストマンスタンディング」

決勝目前、藤浪ドラゴンは選手入場口で自分の身体を見下ろした。全身青痣だらけだ。 打撲、裂傷、数えればキリがないだろう。 激闘に次ぐ激闘だった。 キャットファイトの猫田、ハロウィン力士の原、そして「矢吹流」の矢吹晴男。 いずれも強敵であった。一…

最強格闘家になろう 第四十五話「涙!友情のクロスボンバー」

キン肉マンより 医務室には三人の男がいた。 ベッドに横たわる矢吹晴男、床に転がる本郷太郎、そして本郷を殴り飛ばした原龍徳。 原が無理やり本郷太郎を立ち上がらせようと本郷の肩を掴んだする。 「オラ、立てよ、まだ終わってねえぞ」 本郷太郎が牙を向い…

最強格闘家になろう 第四十四話「本郷太郎」

本郷太郎が大口を開けて、矢吹晴男へと歩みを進める。ベッドの上で晴男は寝息を立てている。 本郷太郎は12歳まで小さなとたん小屋で育った。 父と母と本郷太郎なら三人暮らしであった。 本郷太郎の記憶の中の父はいつも怒っていた。怒って本郷太郎を殴るのだ…

最強格闘家になろう 第四十一話「格闘技一筋46億年」

https://njpwdvd.com/fujinami40th/より 準決勝第一試合矢吹晴男対藤浪ドラゴン 試合会場、ライトの光が降り注ぐ中、2人はマットの上2人は向かい合った。 矢吹晴男は胴着に身を包み、藤浪は上半身は裸、レスラーパンツのみを着ていた。 2人とも、顔面の腫れ…

最強格闘家になろう 第三十九話「準決勝に向けて」

原龍徳がトイレに入った時、本郷太郎は便器を抱えて吐いていた。それを一瞥すると、原は小便器で用を足し始めた。 「身体が壊れたらもともこもねえぞ」 小便をしながら本郷の後ろ姿に向かって呟いた。 「うるさいなぁ…食べちゃうよ…?」 本郷太郎はニヤニヤ…

最強格闘家になろう 第三十八話「乂門」

乂(ガイ)と言う字の意味は刈り取ると言う意味である。 乂門…それは男達の通称である。 乂門と言う組織が出来たのは幕末であった。 当時の倒幕運動の過激派から生まれた組織である。 当時は倒幕派の一派でしかなかった乂門であったが、加賀一(ヒトシ)とその盟…

最強格闘家になろう 第三十七話「できっこないをやらなくちゃ」

https://www.toho.co.jp/movie/lineup/birigal.htmlより 選手入場口、観客の歓声が聞こえて来る。 薄暗いそこに2人の男がいた。 1人は片腕を包帯で吊るしていた。前田修人である。もう1人は小柄な男である。 彼の両腕は包帯で巻かれ、鼻もテーピングで固定さ…