有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

耐えられる?俺なら耐えられない「月に囚われた男」(ネタバレ感想)

f:id:yuugentmugen:20181001213810j:image

ミッション8ミニッツなどで有名なデヴィッドボーイの実子ダンカン・ジョーンズの長編初監督作品です。

 

月でクリーンエネルギーを見つけたルナ産業は人を月に送り資源を採掘していた。

主人公のサムは月でたった1人、エネルギー資源の採掘を行なっていた。契約は3年。

その3年ももう少しで終わろうとしていた時に、サムは事故に遭い気を失う。

目が覚めた時に、サムは自分と瓜二つの男と出会うこととなる…

 

 

要は、クローンモノなんですわ、これ、

人を1人送るよりも、クローンに働かせていた方が都合がいいから、クローンに働かせていたんですわ。

で、クローンの耐用年数が3年なので、契約は3年と言って、3年が経った時上手い具合に処理するわけですね。

本当は出会うはずのないクローン同士が出会ってしまって、さあ大変と言うお話。

 

 

・俺たちは人間だ

 

記憶は元の人間からアップロードされてるから、奥さんや娘との記憶を持ってて、地球に帰って2人に会いたくて仕方ないんすよね。

この映画、クローン2人がお互いの存在をかけて殺しあうとか、サポートロボットのガーディがスゲー悪いヤツとか予想してたんですけど、見事に裏切られました。

全員めちゃいいヤツ。

クローン2人は地球に行く方法を見つけるんだけど、「お前の方が地球に行くべきだ」と言って譲り合うし、ガーディは不穏な雰囲気醸し出しておいて、「私の仕事はあなたを守ること」とか泣かせること言って、クローンを庇うシーンとか結構グッときた。

 

見てて一番きつかったシーンが、月での任務が3年間経過し、死にかけているサムが地球と交信を取るシーン。

妻は死んでし、娘は大きくなっていた、そしてオリジナルの自分は地球にいる…

 

「俺は一体何者なんだ」と打ちひしがれる姿は見ていてキツかった。

だからこそ、最後の「俺たちは人間だ」と言うシーンは見ていて胸が熱くなった。

 

・大どんでん返しとかじゃない良さ

 

この映画を知ったのは、大どんでん返しがある映画特集に載ってたからなんだけど、この映画のよかったところって、どんでん返しとかじゃなくて、自らをクローンと知った上で、アイデンティティを勝ち取ろうともがくクローン2人のヒューマンドラマなんだよね。

 

あと、映像が良い意味でちゃっちくて70.80年代のSF映画見たいでよかったです。