有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

俺みたいな猿には難しすぎた「ミッション:インポッシブル」ネタバレ感想

f:id:yuugentmugen:20181018224813j:image

ウキウキウキッキッキー!!!

ワシはもう人間界はゴリゴリや!なんでこんなめんどくさい事せなあかんねん!!!

ワイは…ワイは猿になってこれからの人生を歩むんや…

人間界から解脱やで!!!

 

会社を早々に退社し、猿になったワイは家に帰って映画を見ることにした。

ワイは猿やから難しい映画はよくわからん。

そこで、有名かつアクションバチバチの頭空っぽにして観れる映画を選ぶことにした!!!

 

ミッション:インポッシブル

 

見たことはないけど、世界で一番有名なオカルト宗教信者のトムクルーズが出てきて、バコンバコン暴れ倒す人気映画やろ?

こんなん猿のワイには最適やんけ!!!

と思って観ました。

 

 

・試聴後…

f:id:yuugentmugen:20181018225542j:image

ハッ…?難すぎへんかね?

 

ワイが…ワイが猿やから難しか感じるんか?

ちょっと整理していこうやないかい…

 

 

・おおまかなストーリー

CIAの若きエージェントであるイーサンハント。ミッション中に彼のチームは彼以外全員暗殺されてしまった。

そして、イーサンハントら暗殺の首謀者および組織の裏切り者の濡れ衣を着せられ、組織から追われることに…

果たして事件の真の黒幕は一体誰なのか!?

 

超ざっくりだけど、これがあらすじ。

 

まず、OPから、トムクルーズがスパイ映画でおなじみのバリバリバリ…と変装マスクを取るシーンとBGMで、これがミッション:インポッシブルか!!!とテンション上がった。

 

これはきっと超大作に違いないとこの時は思っていたのだが…

 

・とにかく地味で複雑

この映画のプロットめちゃ複雑じゃない?

重厚なストーリーとかじゃなくて、ただ、複雑だから、すっごく分かりにくい。

あと、アクションは少なめなんだね。

ほとんど会話劇で話が進んでいく。

でも、あそこ、CIAに忍び込むシーン!あの宙吊りになるシーンは、「あ、これがあの有名なシーンね!」となってテンション上がったよ。

f:id:yuugentmugen:20181018230502j:image

 

さて、最大級にチンパンジーの俺を悩ませたのが、真の黒幕ヨブの正体。

まぁ、ここで書いちゃうんだけどさ。

ヨブの正体は最初のミッションで死んだ、チームのリーダーだったんだよね。

でも、ヨブって事が劇的に明かされて、はい、大どんでん返し!!!

 

って訳でもなく、突然、なぜか、イーサンハントの前に(本当になぜか…何故現れたのか?イーサンハントの動向を探るため?)現れて、なんやかんやぬるんと正体がバレる。

あまりにも、ぬるん!としすぎてて、

 

「え?彼がヨブであってるんだよね?」

 

と困惑した。

そのあと、クライマックスの列車のシーンになるんだけど、ここでのイーサンハントの顔面ビリビリシーンはかっこよかった!

これで、今作のヒロインがヨブの仲間ってことも分かったしね!

それで、ヨブがイーサンの後ろからタイミングよく出てくるけれど、あれは何?あそこでスタンバッテいたの?

よくわからん…わしゃ猿じゃけ、よくわからんのじゃ…

それでも、ラストのジャンレノ兄貴との戦いも含めてアクションは迫力満点で面白かったぞ。

 

しかしなー…全体を通して、色々と考えた結果やっぱりよくわからんのじゃ…

f:id:yuugentmugen:20181018231231j:image

考えれば考えるほどわからんのじゃ…

 

なんか、もう一回くらい見ないと登場人物たちの思惑を完璧に理解できなさそう。

でも、もぅきょうわおちごとでちゅかれてるからみなおすのはむり…

 

えー…ということで、ミッション:インポッシブルについて一言

 

思ってたんと違う、ガチガチのスパイ映画!!もうすこし間空けて、疲れてない時に見るわ!

 

と言うわけで、最後まで見てくれてありがとう!わしゃ山に帰るけえの…

明日からバナナの記事しか書かへんからよろしくな。