有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

ハリーポッターとアズカバンの囚人&炎のゴブレットはもはやビバリーヒルズ高校白書

f:id:yuugentmugen:20181201044615j:image

前回の記事はこちら

 

 

お前らいきなり成長しすぎなんだよ

ハリーもロンもハーマイオニーも賢者の石、秘密の部屋の時はまだまだ子供って感じだったんだけど、この2作品ではすっかりティーンエイジャーって感じ。

その成長っぷりに俺はまるで親戚のおじさんみたいな気持ちでみんなを見ていました。

え、いつの間にそんなに大きく…

今回はアズカバンの囚人と炎のゴブレット、この2作品について感想をかいてゆきます。

 

・アズカバンの囚人

f:id:yuugentmugen:20181202234357j:image

この作品から急に主要キャスト達が大人っぽくなる。第二次成長期のすごさを見せつけられました。

ストーリーはハリーのお父さんとお母さんを裏切った闇の魔術師シリウス・ブラックがアズカバンから脱走。

 

「絶対、ぜーったい!許さないんだから!」と憤るハリー。

 

ホグワーツにはナイスジェントルマンであるルーピン先生が赴任。

 

一体どうなっちゃうの?と言うお話。

 

まず、兎にも角にもルーピン先生イケメンだわ。

f:id:yuugentmugen:20181202233039j:image

ユーモアもあるけど、叱るときはキッチリ叱る、生徒からも慕われるいい先生。

こんな先生に教えてほしかったよ…と嘆いた視聴者も多いはず。

 

また、今回は前回の後半は石にされてイマイチ活躍どころのなかったハーマイオニーが大大大活躍。

 

そして、ハーマイオニーが綺麗になっている!!少女と呼ぶにはもはや失礼。レディとなって帰って来てる。

 

そのかわり、ロンはシリウスさんに足を噛まれて途中退場。残念。

 

この作品、なんと言っても、ハリーの親父の同級生たちが大勢出てきて、過去や例のあの人の事が少しずつ分かってくる。

 

ロンが飼ってたネズミがまさか…

こんな汚ねえじじいだったとは…トラウマ級の衝撃。

f:id:yuugentmugen:20181202233502j:image

 

また、作品の後半では逆転時計によるタイムトラベルがあります。

それによって、え!?あそこはこうだったんだー!!と伏線を見事に回収。

 

また、今作で注目したいのは、生徒たちがみんな制服を着崩して来ているところ。

ここら辺の演出があるからこそ、生徒一人一人に個性が出ていい感じ。

ハリーたちの成長も相まって、ビバリーヒルズ青春白書みたいだね!(見た事ないけど

 

過去二作品よりも大分見応えがあった。

 

・炎のゴブレット

f:id:yuugentmugen:20181202234420j:image

寅さんが夢を見ているシーンから始まるくらいにお決まりのおじさんおばさんからの折檻シーンから始まるのかと思いきや、まさかのクディッチワールドカップ!!!

 

いやー、テンション上がりますねー

とそこにヴォルデモートの手下達が来襲!

今回は本格的にヴォルデモートとの関係が描かれるのか!?

 

そして、ホグワーツには他の魔術学校の生徒達が集まり、三大魔法学校対抗試合が開かれる!!

 

え!他の魔法学校ってあったの!?と驚き。

 

ホグワーツからはハッフルパフの人気者セドリックが選出された!!!

ハッフルパフって勝負強くないイメージあって、なんとなく劣等生が集まってんのかな?

とか思ってたけどセドリックみたいなイケメン優等生もいるのな。

ハッフルパフは俺らの味方だと思ってたのに!

 

そこに、なんと何故かハリーが試合に選出されて、一体どうなっちゃうの〜と言うのが本作のストーリーです。

 

 

 

この映画、何を置いても話したいのが

 

ダンスパーティーでしょ!!!

 

ダンスパートナーがなかなか見つからないハリーとロン。ハリーは片思い中のアジア系美人のチョウを誘うも、チョウはなんとライバルのセドリックのパートナーと言う噛ませっぷり…これはキツイ…

 

ロンはロンで可愛い他校の生徒を勢いで誘っちゃって落ち込んだり…

 

お前ら可愛い過ぎか!!!

 

もう、普通のティーン過ぎて大好き!!!

おじさんこう言うキラキラした演出に弱い。

お前らのそう言う青春臭いところ、おじさん大好き!!!抱きしめさせろ。

 

 

また、なんと言ってもハーマイオニーでしょ!

f:id:yuugentmugen:20181202235553j:image

階段から降りてきたハーマイオニー

彼女はハリーやロンよりも一足先に大人に…って感じがして、女の子ってやっぱり、男よりも精神年齢たけえよな!!!と思わされたよ。

 

そんで、ロンがもう馬鹿でさ、ハーマイオニーに酷いこと言うわけですよ。

 

お前、馬鹿!!ハーマイオニーの乙女心に気づけや。

 

もう、これ以上俺のことをキュンキュンさせんな!!!

 

泣くハーマイオニーに私はね、正直、もう、やられてしまいました。

 

ストーリーは終盤で遂に例のあの人が復活!!

するとともに、セドリック死亡。

 

せ…セドリックぅうう!!!

 

セドリックって、今作で初登場なんだけど、結構いいキャラしてたのよ。

いい奴だし、本来ならライバルのハリーに対してすら優しいし、みんなからも慕われてるし、

なんと言ってもきつかったのが、セドリックはお父さんとすごく仲よさそうなのよ。

 

父子家庭なのかな?見た感じお父さんにすっごく愛されて育てられたんだな。とかいろいろ妄想を私は下世話ですが思っていたんですよ。

 

それなのに、一瞬で殺されてしまったセドリック…お前、こいつまだ17歳そこそこだぜ…

悲しすぎる。俺はガキが酷い目に合う映画が嫌い。だから、A.Iも途中まで見たことあるんだけど、もう途中からつらくて見れないのよ。

 

セドリック…セドリックよ…

 

そして、這々の体でヴォルデモートから逃げるハリー。

 

目と頭がヤバそうな先生が実は敵だった。とか飲んでたのがお酒ではなく、ポリジュース薬だったとか、今作も最後に大どんでん返しがあったと、見応えグンバツ

 

セドリックが殺されてさ、すっごく後味悪いなと思っていたけど、ダンブルドアがハリーに「お前は1人じゃない…」

と話しかけるシーンで少し報われたよ。

そうだぞ。ハリー、お前は1人じゃない。

俺もついてるぞ!!!

と俺は7畳半の部屋でパンツ一丁でスーパーカップ食いながら思いました。

 

 

この2作品を見て気づいたんだけど、これ映画の対象年齢がだんだん上がっていってない?

正確に言うと、ハリー達の年齢に対象年齢合わせているんだろうなと思いました。

 

ハリポタの熱狂的なファンはきっとハリーと同年代だった人なのかな?ハリー達と共に成長してきたみたいなね。

だからこそ、ハリー達にに対してシンパシーを感じて、自己投影してきたからこそ、ハリポタの事が大好きなのではないでしょうか?

 

いやはや、これからの展開が超楽しみ。