有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

二郎系インスパイア店 名古屋麺屋あっ晴れ

昨日は仕事終わりに同僚といってきましたよ。

麺屋あっ晴れ!!!

 

同僚とは去年、名古屋の二郎系を食べ尽くす会を発足させ、これまで、立川マシマシやラーメン大といっった名店を練り歩いてきたが、本日のおめあては麺屋あっ晴れ。

 

 

夜に錦の街へと繰り出し、あっ晴れを探す。

すると、小さなカウンターしかない店を見つけた。店名を見ると麺屋あっ晴れ。

 

 

俺が頼んだのは、ラーメンに野菜ダブルトッピング、アブラ、カラメ多め。

で、きたのがこれ

 

f:id:yuugentmugen:20181208122705j:image

 

多ッッッ!!!

 

どこからどう攻めるか…とりあえず、もやしをバクバクとやっつけていく。

うん、もやし、ひたすらもやし…

 

程よくもやしが減ったところで、下の麺と上のもやしをぐるんとひっくり返す。

いわゆる天地返しである。

 

麺をズバズバと啜る。この麺がまたとにかく太くてコシがあって重い。

しかし、しっかりとスープが絡んでいて美味い。

このスープってのが毎日20時間煮込んでいるそうで、

胃の中にどしりと溜まっていくのがわかる。

 

スープに浸していた野菜を食うと、これがまた味がしみてて美味い!!!

 

ズバズバとテンポよく食べていかないと食えなくなるので、とにかく胃の中にモノをぶち込んでいく。

 

もう、それ以降俺はラーメンを胃に打ち込むだけのマシーンとなり、いまいち記憶がない。

 

意識が戻った時には目の前に空の器があった。

f:id:yuugentmugen:20181208130703j:image

 

俺が席を立とうとすると、店員のばあちゃんが

「花金だね!楽しんでね!」

とこえをかけてくれた。

 

ありがとな、ばあちゃん。