有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

coco壱番屋のカレーは世界で一番美味い

f:id:yuugentmugen:20181213222144j:image

あんた何食べたい?

先週、ひさびさに実家に帰るよ、と母さんにラインしたら、こんなことを聞かれた。

 

俺はカレーライス!!と即答

 

昔から母さんが作るカレーライスが大好きだった。いっつも大盛りに白米を盛って、そのあと、これでもかとルーをぶちかけてバクバク食べる。

 

久々に母さんのカレーを食べれると思うとヨダレが出てきた。

 

土曜の昼ごろに実家に帰った。焼き鮭、卵焼き、大根のお浸し、ニンジンシリシリ、とガチで豪華、ご飯を3杯もおかわりしてしまった。

 

その夜、待ちに待ったカレー!!!

昔のように大盛りによそって、バグバグと食べた。

 

美味しくない…

 

何故だ?いや、美味しくないこともないけど…

昔のような感動はない…

何故だ?思い出補正か?

 

俺はその日、なんとなく腑に落ちない気持ちで家を後にした。

 

後日、coco壱番屋に入店した。

豚しゃぶカレー500キログラムを頼む。

 

500キログラム…かなりの量だ。いや、これは、ミスったかな?と思っていたら、目の前に出てきた。

 

デカイ。かなりデカイ。

 

coco壱番屋のルーというのが、ジャバジャバで、昔はこれがたまらなく嫌いだったが今では大好きだ。

 

一口食べる。

 

美味い

 

死ぬほど美味い。なんだこれ?

二口、三口と進めていく。

 

うん、美味い

 

なんなら母が作ったカレーよりも美味い。

何故だ?

 

家を離れて数年。俺の舌は母が作るカレーよりもcoco壱番屋のカレーの方が馴染んだのか…

 

 

500キログラムをぺろりと平らげてしまった。

 

美味い、美味かったが、なんとなく不服であったのである。