有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

バンドマンの俺は死んだ!メリーロックはオバポーズで楽しめ!

メリーロックに行ってきました。

 

メリーロックとは名古屋は金城ふ頭で行われている冬のロックフェス。

 

出演者は今ノリに乗っているイケイケなバンドばかり、そして、来場者もカップルや大学生のような人生を謳歌している人達ばかり。

 

 

そんなフェスのこと俺がどう思っていたかと言うと、

 

 

大嫌いに決まっている。

 

 

そもそも俺はファスが嫌いである。

なぜ、好き好んで暑かったり寒かったりするところで人にもみくちゃにされなきゃならんのだ!なら、俺は好きなバンドのワンマンとかをのんびり聞きに行きたい!!!

 

俺がフェスを嫌いな1番の理由は客である。

ライブをスポーツかなんかと勘違いしている方々が少数だが存在していることだ。

 

他人をかえりみず、ダイブの回数を競い合ったり、モッシュを無茶苦茶に至る所でやったり、

そう言う迷惑行為を平然とやってのけ、SNSとかに

 

「〜参戦!!!まぢ楽しかった!!」

 

とか載せている頭スポンジボブな輩が本当に気にくわない。

 

俺、バンドやってた時、たまにそう言う暴れたいだけの方々と遭遇していましたが、

 

「この人達は本当に音楽を聴きにきているのか?それとも暴れれりゃそれで良いのか?暴れたけりゃスポッチャとかにいってくんろー!」

 

と言うふうに正直思ってました。すいません。

 

 

前置きが長くなりましたね。

 

ではなぜ、こんなフェス嫌いの僕がメリーロックに行ったかと言うと、地元の数少ない友人が誘ってくれたからなんすよね。

 

最近会ってなかったし、そいつも今年いろいろ大変だったらしいし、久しぶりに会いたいなと思ってたところでのお誘いでしたので、そりゃ行きます。それに、僕も相当大人になりましたし、今ならそう言ったライブキッズの方々に対しても、かつてのような、とんがった感じ方をしないのではなかろうか?と思ったのです。

 

 

・メリーロック当日

友達との待ち合わせを1時間ほど遅刻して向かうわ金城ふ頭。

名古屋駅はバンTを着た若者で溢れかえっておりました。

 

ポツポツと雨が降る中、入場を済ませ、向かうはメインステージ1バンド目、TOTALFAT!

 

俺パーティパーティくらいしか知らないけど、こんなん、絶対暴れまわる奴おるやんけ!

 

 

 

 

案の定、TOTALFATは1曲目からモッシュの嵐、至る所でサークルピットが出来ている。

 

でも、我々はそれを見越して、フェンスの真ん前辺りを陣取っていたので巻き込まれずに楽しめた!!!

 

TOTALFATのMCがこれまた激アツな感じで、

「俺たちゃ音楽でつながっているんだ!!」

みたいなね、昔はそう言うMC大大大好きだったんだけど、なんか今聞くと、胸がムズムズするのは何故だろう?

 

別に、僕、あんたらと繋がったつもりはないんですけどね…みたいなクソ捻くれた感情になってくる。

 

その後もKANA-BOONフレデリックみたいな大人気のバンド達の演奏を見た。

演奏は死ぬほど上手いし、やっぱり、生で見るのは全然違うなぁと感動した。

特に、04 limited sazabysは無類であった。

ギターRYU-TAがインフルエンザの為、急遽3人体制でライブは行われたが、SUPER BEAVERBLUE ENCOUNTのギタリストがサポートとして乱入すると言う胸熱な展開。

入場規制がかかるくらい満員のポートメッセでの彼らのバンドを見て、俺はなんだか少し泣きかけてしまった。

 

 

KOTORIやSIXLOUNGEみたいな若手売り出し中のバンドは気合バチバチに入りまくってて、爪痕残したろう!客食ったろ!と言う気合が半端なかった。

ただ、気合入りすぎてて、見てて

「なんか、ちょっと必死すぎじゃねーか?」

とまた捻くれたことを思ってしまった。

 

とまぁ、バンド見てて普通に感動したけど、バンドやってた頃ほどの衝撃はねえな…なんか俺大人になっちまったのかなぁ?なんてひとりごちました。

 

 

 

さて、今回、いろーんなバンド見たけど、1番最高だったのはでんぱ組incである。

 

学生の頃から好きで、彼女たちのTwitterはメンバー全員フォローしている。

 

ライブを見るのは初めてだったけど、歌もダンスもキレッキレで見ていてめっちゃくちゃ楽しかった。

 

からしたら、好きな女の子がいきなり7人歌って踊り出したんだから、もうその興奮たるや…もう、好き…

 

 

結局、最後までイマイチ乗り切れなかった。

トリのcoldrainの時、途中で抜け出して、デッケークリスマスツリーの前でベンチに1人座ってぼーっとしていた。

 

バンド大好きだったのに、なんでこんなに乗り切れなかったんだろう?これ行くくらいなら、スマブラSP買って一日中やってた方が良かったのではなかろうか?

 

その時、ハッと乗り切れなかった理由に気がついた。

 

 

 

俺、疲れてんだ…

 

 

社会人になってから、ほとんど音楽も聞かなくなった。音楽聴くのも車運転する時くらいだ。

 

それは、日々、会社で精神と肉体を摩耗させていっているから、音楽を聴く余裕がないのである。

 

余裕がないから、バンドのMCやスタンスにもいちいち噛み付くし、お客さんのモッシュとかにもムカッ腹を立てるのである。

 

メリーロックが楽しくないんじゃなくて、俺が楽しもうとしていなかったのだ。

 

それは、大人になったとか、そう言う問題じゃない。

 

すまねぇ、俺…

 

俺は、次こそはしっかりと楽しもうと心に誓ったのであった。

その後、1人でとある会員制の怪しげなバーに行ったり、オカマバーで朝までどんちゃん騒ぎしたりとめちゃくちゃ楽しかったのですが、それはまた後日…