有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでもブログ

最強格闘家になろう 第三十一話「その名は魔門」

加賀八明と矢吹晴男は机を挟んで向かい合っていた。

その日、師弟は高級料亭にいた。

雨が降りしきる庭園が彼らのいる部屋から見える。

目の前に並ぶ料理を楽しみながら、2人は酒を酌み交わしていた。

「矢吹…」

加賀が剃刀で切ったように細い目を晴男に向けた。

「武芸百般とは一体なんだと思う…」

加賀が尋ねる。

「武芸百般とは…あらゆる武芸をその身に修めることでしょうか」

晴男が答える。その身体は頼りなく、線が細い。筋肉が十分に身体についていない。

晴男の言葉を聞き、加賀が笑う。

「その通り、武芸をその身に修めることだ。それには気の遠くなるような歳月が必要となる…女、地位、金、時間、すべてを捨てて、武にのみに生き、初めて得るのが武芸百般だ」

加賀が笑う。師が笑う姿を晴男は初めて見た。

 

「しかし、この世には歳月を経ずとも武芸を修めることが出来る者がいる」

 

晴男は黙したままだった。師の言葉をはかりかねている。

 

「特異体質…見たものを丸々、体術、精神、すべてを模することが出来る者がいる。そんな者が隔世で現れる」

 

「その者とは…」

晴男が絞り出すように言った。

 

「その者は人ならざる者、魔の門を開けた者、

魔門を持つ男たちと我々は言っている。魔門を開けた男達はこの世界を支配出来るほどの力を持つ」

 

「その男と出会えばどうすればいいでしょうか」

 

「見極めろ、魔門を持つものが善良ならば、全てを捧げ、その者の為に生きろ」

 

「ならば、その男が悪意に満ちていたらどうするんですか」

 

「殺せ。お前の全てをかけて」

 

師はそう言うと酒を一気に飲み干した。

 

庭から雨が地面を叩く音が聞こえる。

 

その数年後、晴男は魔門を持つ男と出会った。

彼は晴男から武を教わり、瞬く間に強くなった。

あの凶育の達人、吉岡清一を倒すほどに。

 

矢吹晴男は選手出入り口に立っていた。

薄暗いこの場所には、会場の煌々とした光が入ってきている。

その光はより深い闇を作り出し、闇が晴男の身体にまとわりついていた。

 

弟子の真島浩高が魔門の持ち主であることを晴男は確信していた。

コンビニ総合格闘技を身につける速さ。ボクシングを身につける速さ。そして、先の試合で見せた凶育の吉岡を超える教育の達人を真似た攻撃。

 

晴男ははかりかねていた。

我が弟子が善か悪か。

真島が女に、金に、地位に溺れたように見えた時期もあった。

しかし、今日再開した真島は変わらぬ好青年だった。

 

師匠、加賀が言った言葉が頭の中で反芻する。

 

殺せ…

 

吉岡を倒した真島の目、その目に宿る狂気が忘れられなかった。

 

もしもの時…そこまで頭の中で考えたが、そこから先は…晴男は考えることをやめた。

 

選手入場口。

真島浩高は歓喜していた。

やっと師匠の元まで追いついた。

師匠に助けられた。師匠に会っていなかったら、まだ俺はあの小さな部屋で1人いたことだろう。

女に、金に、地位に溺れたと誤解された時もあった。しかし、それでも尚、尊敬の念は消えなかった。

俺は強くなった。今日、ここで師匠を超えることが唯一の恩返し。

 

真島は試合会場へと歩を進めた。

 

2回戦、第一試合。

矢吹晴男対真島浩高

 

2人はマットの上で向かい合った。

師弟の間に最早言葉は必要なかった。

試合開始の合図がなる。

 

それと同時に晴男の身体が真島の視界から消えた。

突然のことに真島の身体が固まった。

その数瞬後に、真島の顔面に晴男のカカトが打ち込まれていた。

胴回し回転蹴りである。

 

真島の身体がもんどりうって倒れる。

すかさず、晴男が真島の後ろからガッチリと、彼の首を締め上げた。

裸締めである。

勝負は決まった。

あとは真島が落ちるのを待つだけである。

 

魔門が開ききる前に勝負をつける。

場合によっては…

お前の才能をここで摘み取る。それがお前のためなんだ。

晴男は締め上げる力を強めた。

 

 

その刹那、晴男の肘に激痛が走る。

思わず、力を緩めたその隙をつき、真島は肘鉄を晴男の鳩尾に叩き込み脱出した。

 

晴男の肘を真島はつまみ、ねじり上げ、その肉を引きちぎっていたのである。

 

真島は立ち上がり、晴男を見下ろした。

その目は虚で、普段の真島とは似ても似つかない目であった。

 

魔の門が開いたのである。