有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでもブログ

最強格闘家になろう 第三十二話「矢吹流武術」

ファぁぁぁぁあ!!!!

 

真島の雄叫びが会場に響く、さっきまでの真島とは別人のようだ。

その様は夭折したジークンドーの開祖でもあり、伝説の映画スターでもある、あの伝説の男に酷似していた。

 

真島の右足が跳ね上がる。

その足が晴男の顔面を捉えたかに見えたが、

晴男はふらつくように、大きな動作で反り返り、その足をかわすと、その体勢のまま、真島の腹に拳を打ち込んだ。その変則的な動きは酔拳に酷似していた。

これは、矢吹晴男が身につけた武術のひとつ、クレイジーモンキー笑拳法である。

真島は打たれた腹を気にするそぶりも見せず、晴男に打ちかかる。それを晴男はかわしつつ、また打ち込む。

 

激しい連打合戦となった。

 

 

2人の姿を観客席の1番奥、手すりにもたれかかりながら見ている1人の男がいた。

彼の名は加賀八明である。

「甘いな…矢吹…技に溺れている」

彼は一言ポツリと呟き、また2人を凝視した。

 

 

2人の拳のやりとりはほぼ互角に見えたが、その均衡はジリジリと崩れ、そして決壊しそうになっていた。

真島の拳が早すぎるのである。

まずい、矢吹がそう思ったと同時に、拳が顔面に突き刺さる。

それが合図だった。全身を真島の拳が、足が襲いかかる。

めったうちにされつつ、矢吹ができるのは、全身の筋肉に力を入れて、ガードに専念することだった。

打ち疲れた隙をつく、そう思い、亀のように丸々も、真島の隙を見つけられなかった。

 

まずい…倒される…

全身が腫れ上がっていく、痛みで全身の皮膚の感覚が麻痺していく、限界であった。

 

晴男の脳裏に浮かんだのは、これまでの戦いの歳月である。

 

加賀の元で修行を終えてから、晴男はひたすら戦い続けた。

それは修練の日々でもあった。

ひたすら敵と戦い、勝つ為に新しい武術を身につけ、作り出し、打ち負かす。

ひたすら繰り返してきた。

ある時は、真島に格闘技を教えた時期もあった。獄中で泣いた日もあった。

犬達と生活し、ラブアンドピースに目覚めた時もあった。

ティーピーワンダーに爆殺されかけた日もあった。

俺は強くなった。それでも勝てないのか?

武芸百般とは言わずとも、武芸七十一般くらいは修めた。

 

何故だ?あれだけ努力して、あれだけ犠牲にしてきたのに勝てないのか?

 

 

「それでは、魔門にはどのように勝てばいいのですか?」

 

矢吹晴男は加賀にそう尋ねた。

雨が降り頻る庭が見える。

 

「成熟した魔門に勝つことは不可能だ。しかし、まだ門が開き切っていない魔門には勝てる」

 

「どうすれば…」

 

「簡単だ、武芸百般を修めよ」

加賀はそう答えた。

「魔門の利点は見ただけで全てを模せること、しかし、弱点もまた同様。つまり、経験値が少ないってことだ」

 

「お前はお前の矢吹流武術を見つけろ」

あの日、夕日の中、師匠がそう言った。

 

 

つまり、つまり…そう言うことだったのか!?

 

 

「勝者!!!真島浩高!!!」

 

レフェリーが両手を広げ、そう告げる。

と、真島はその拳を打ち込むことを辞めた。

勝った…勝ったのだ…師匠に…!!!

涙が溢れそうだった。

うぉおおお!!!!真島は叫んだ。

 

と同時に倒れ込んだ。

真島の首に晴男の手刀が叩き込まれていたからである。

真島は完全に気を失っていた。

 

この試合、バーリトゥドルール。なんでもあり、決着はギブアップか失神のみである。

 

実は、先ほどのレフェリー、矢吹晴男だったのである。

 

晴男はこれまでいくつもの象形拳をマスターしてきた。

レフェリーの姿形を模すなど朝飯前である。

魔門に不慣れな真島は朦朧な状況でないと門を開けない。

そんな真島が一瞬でも晴男をレフェリーと勘違いするのは仕方がないことである。

 

「武芸百般を修れば、敵、環境、技によって1番最適な解を導けると言うことだ…それが、お前の武術だ…晴男」

 

矢吹晴男は片手を天高く突き出した。

晴男は「喧嘩凸トーナメント流武術」を生み出したのであった!!!

 

勝者、矢吹晴男!!!