有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでもブログ

『Summer 中華料理屋にて』

 

f:id:yuugentmugen:20200522114400j:image

 

一昨日、昨日に引き続き短編小説です。

どうぞよしなに…

----------------------------------------------------------------

「あちいな」

「あちい、クーラー効いてんのか?」

「勝林に快適さを求める方が間違いだな」

「違いない」

「……それにしても遅いな勝林ラーメン」

「オヤジ麺から作ってるんじゃねえの」

「気長に待つか…おい、見てみろよ、甲子園やってるぞ」

「暑いのにご苦労なこったな」

「俺たちには無理だな」

「無理だな」

「夏季講習の課題やった?」

「まだ」

「あとで図書館行こうぜ」

「おう」

「………あのさ」

「なんだよ?」

「金森って知ってる?」

「2組の?ブラス部の?」

「そうそう」

「金森がどうしたんだよ?」

「お前、知り合い?」

「まぁ、たまに喋る程度だな」

「そうか…」

「なんだよ、金森がどうかしたのかよ?」

「いや、俺、告られちゃってさ」

「え、マジ?」

「マジマジ、なんか1年の頃から俺が好きだったらしい」

「えー…マジ?」

「おう、1年の頃さ、俺、金森と風紀委員会でおんなじだったのよ。それで仲良くなったんだけどさ…」

「お前、えー…マジで?」

「いや、参ったね…まさかそんな風に思われてるとは思わなかったからさ、スゲー動揺したよね」

「なんて答えたの?」

「俺、動揺しすぎてさ、ちょっと待ってほしい…としか言えなかったわ」

「あ、そうなんだ…」

「どうしたらいいと思うよ…?なんかさ、俺、金森のことずっと友達だと思ってたし、その関係が壊れるのもちょっと怖えなとか、柄にもなく色々考えるのよ。あっちはさ、真剣に伝えてくれたわけだから、こっちも真剣に答えないと失礼だろ?なんかそう言うこと考えだすと訳わかんなくなってきちゃってさ」

「お前は…好きなのか?金森のこと?」

「それもわかんねーんだよなぁ…いい奴だしさ、一緒にいて楽しいけど、これが好きかって聞かれりゃ、まぁ、よくわかんねえんだわ」

「……そうか…」

「なんだよ、お前、やたらテンション低くなったことないか?」

「別に…」

「どうしたんだよ?お前、まさか、お前、金森のこと好きだったとかないよな?」

「ちげえよ」

「まさかな、そんなマンガみたいなことないよな」

 

「ちがうよ。俺が好きなのはお前だよ」

 


沈黙が2人に流れる。

ラーメンお待たせ、と店の主人がドンと2人の前にラーメンを置く。

固まり続ける2人。

店のテレビでは甲子園が流れる。

 


『さぁ、4番の森田がバッターボックスに入る。この炎天下の中…』