有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでもブログ

最強格闘家になろう第70話『俺たちの明日』

f:id:yuugentmugen:20200706191335p:image

 

対抗戦から1年が経った。

 

日本は乂門により荒らされていたのが嘘のように復興し、人々は日常へと戻っていった。

 

とある地方都市のビル壁面にある大型液晶モニタでは、とあるニュースが流されていた。

 

宇宙人にさらわれていた、吉岡清一郎(34)と山口・ヴィクトロヴィッチ・タッカーシー(25)が山中で見つかったとの事だった。

2人は命に別状はないが、ひどく混乱しているとの事だった。

 

ニュースが終わり、広告が始まる。

世界的なシンガー、スティーピーワンダーがサングラスをかけて笑顔で踊っている。彼は胴着を着て、道場にいるようだ。

「ニホンヲスクッタカガハチメイカラカクトウギヲオソワロウ!!!」

そう言うとサムズアップしてニッコリと笑った。

 

『加賀八明道場!!!入門者募集中!!!』

 

と言う文字が浮かび上がる。

 

 

ところ変わって、ここはとある地方都市の駅前。巨大なビルが立ち並ぶ中に、一際大きなビルがある。

ビルの屋上には『加賀八明道場』の文字が踊っている。

 

「声出せぇ!!!」

 

黒ずくめの男が道場の中で叫んでいる。

この男、シャツもズボンも靴も、そしておそらくは下着まで、真っ黒な衣装で身を包んでいた。

 

その男の目の前には、ざっと見ても50人近い男達が等間隔に並び、正拳突きを繰り出している。

 

乂門を打ち破った加賀八明は英雄として祭り上げられ、それに便乗した八明は入会費100万円、月謝30万円で道場を立ち上げた。

 

なんとこれが大成功。門下生100人を超える巨大組織となった。

 

「安め!!!10分休憩」

 

加賀の一言で皆姿勢を崩しガヤガヤと雑談を始めた。

 

「先生!!!」

 

中学生くらいの塾生が加賀に声をかけてきた。

 

「ここで修行していれば、矢吹晴男さんみたいになれますか!?」

 

塾生は純粋なつぶらな目で加賀を見つめる。

 

「なれるさ、そうなる為にも、君には月謝60万円のスペシャルコースを紹介しよう」

 

やったーと塾生はジャンプして喜んだ。

 

全く、あの野郎、どこに行きやがった?

広告塔として利用しようと思ってたのに…

加賀は心の中で毒づく。

乂門戦後、矢吹晴男はまた新たな戦いを求め何処かへと旅立っていった。

 

ならばその弟子、真島浩高はと言うと…

 

 

とあるボクシングジム。そこに少年が1人駆け込んできた。

サンドバッグを殴っていた青年がトレーニングを止めて少年を見つめる。

 

「俺、強くなりたいんです…強く…」

 

少年が来ている学ランはボロボロだった。そして、顔は傷だらけで血と彼の涙で濡れていた。

 

その姿を見ただけで、真島浩高は全てを察した。

 

「なれるさ…世界最強にだってね…」

 

真島はそう言って笑った。

 

さて、今頃、世界最強の格闘家はどこにいることやら…と真島は思った。

 

 

ここは、とある街の暗い路地裏。

2人の男が向かい合っている。

 

「名を名乗れ…」

 

胴着を着た恰幅のいい男が呟く。

 

それを聞いた男が笑う。

 

「俺の名前は矢吹晴男。世界最強の格闘家だ」

 

 

 

 

 

最強格闘家になろう。乂門の巻完結