有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

なんて壮絶なドラマなんだ…今更「おっさんずラブ」

amazon プライムでなんかいいドラマないかなーと探していたら、おっさんずラブ」があるではないか。

f:id:yuugentmugen:20181110011532j:image

今年の春に放映され、社会現象を巻き起こした衝撃作。

主人公の田中圭は後輩の林遣都と上司の吉田鋼太郎に告白される…同性からの告白に戸惑う田中圭。この異色の恋物語の行方はいったいどうなる?

 

・放映時の反応

なんか、女の子がめちゃキャーキャー言ってた印象。Twitterで女友達が

おっさんずラブめちゃ萌える!!」

と毎週のたうち回っていた印象。

俺はまったく理解が出来ない。

なぜ男同士の恋愛に萌えるのか?

そもそも女の子ってなんでBLもの好きな子多いんだろう?どこがどう好きなのかとかいろいろ聞いてみたい。

そう言う子にじゃあ野獣先輩も好きなの?

と聞くと、絶対にノーと言う。

(てか、俺の女友達は野獣先輩知ってんだよ)

 

まぁ、それはともかく当時はまったく理解ができなかったし、見る気もしなかった。

 

ただ、最近、俺の憧れの先輩と飲んでた時、

「アタシ、おっさんずラブ好きなんだよね」

と言っていた。

「あー、なんか有名でしたよね、面白いですか?」

と俺が言うと、先輩はウフフと笑い

「それは見てのお楽しみ笑」

と言われた。

こんなの見るしかないじゃない!!!

 

・いざ視聴、なんだこの壮絶なドラマは!?

 

巨乳ロリ好きの33歳会社員の春田(田中圭)は仕事は出来ないが、気のいい男前。

春田は偶然会社の部長(吉田鋼太郎)の携帯の待ち受け画面を見てしまう。そこには春田の写真…なんと、部長は春田が入社した10年前からずっと春田の事が好きだったのだ…!

時同じくして、春田は会社の後輩の牧(林遣都)と意気投合してルームシェアを始める。

牧はマメで料理も上手い。2人は楽しくルームシェアをしていたが、ある日突然春田は牧にキスされる。

なんと牧も春田の事を好きになってしまっていたのだ!!!

 

ホモとホモがノンケを奪い合うなんて壮絶すぎるだろ…!!

f:id:yuugentmugen:20181110014337j:image

ナイスミドルの吉田鋼太郎

f:id:yuugentmugen:20181110014351j:image

爽やかイケメンの林遣都

f:id:yuugentmugen:20181110014435j:image

優しい顔した田中圭を奪い合うんだぜ。

 

めちゃくちゃ責めてるな…

 

こんなドラマ俺は初めて見たよ。

 

・見た感想

3話まで見ましたが、これ思ってたよりも大分面白い。最初は吉田鋼太郎田中圭への純愛っぷりが完璧にホラーにしか見えなかったけれど、見てるうちになんだか可愛く見えてくるから不思議だ。おっさんなのに…

林遣都の男に恋してしまった男のいじらしさも見ていてなんだか切なくなる。

また、田中圭の幼馴染役の内田理央はこう言うドラマにありがちな、私、同性愛にめちゃ理解あるから!!!的なキャラ。

たまに鼻につく場面はあるけれど、基本的にはすごくいいキャラしてる。超可愛いし。

あと、吉田鋼太郎の奥さん役、大塚寧々もとっても綺麗。吉田鋼太郎の事を本当に愛してて、良妻っぷりが逆に可愛そう…

でも、笑えるところはキッチリ笑えるコメディドラマ。

 

 

見るまではLGBTの問題とかに結構突っ込んだ考えさせられる系のドラマとかなんかね?

 と思っていた。が、明るく笑えて頭空っぽにして見れるドラマだ。もちろん根底にはLGBTに対する真摯な姿勢があるからこそ、性別の枠をあまり気にせず見れる。ゲイとかホモとか誰も言わないし、男性同士の恋愛に対して誰も嫌悪感を持たないしね。

 

これ、普通の恋愛ドラマにしか見えなくなってくる。

 

そう、これ、普通の恋愛ドラマなのだ!!!

 

主要キャラの田中圭吉田鋼太郎林遣都の男同士なのに男女の恋愛以上にピュアで濃厚な恋愛事情が非常に笑える一方でドンドンと引き込まれていく。

 

俺のようなヘテロセクシャルでも楽しめて見れました。

正直、俺は男同士の恋愛なんてまったく理解できないが、それでも引き込まれていくのは単純に脚本が面白いからなのだろう。

 

 

あと、4話。続きが気になって仕方がない。

 

追記:

田中圭がいきなり林遣都にデレ始めるあたりからまったく共感できなくなってしまった。

やはり、俺の中にはヘテロセクシャル特有の傲慢さが残っていたのであろうか(震え

しかし、「好きになるのに性別や年齢って関係あるの?」と言うテーマが回を追うごとに深まっていって興味深く見ることができた。