有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

おもしろフラッシュは今でもおもしろいのだろうか?

俺は1993年生まれの25歳だ。

平成1桁生まれ。俺たちの世代が初めてインターネットで触れたコンテンツっておもしろフラッシュだと思うんですわ。

 

おもしろフラッシュっていうのは、今大人気のYouTubeみたいな動画サイトが普及する前に、流行った、フラッシュ動画専門サイトです。

 

2000年代初頭、俺たちみたいなヤングエイジはフラッシュを狂ったように見ていた。

 

当時2ちゃんで人気を誇っていたギコ猫のフラッシュ動画は今で言うとこのMADみたいな感じで、ギコ猫の動きに合わせて曲を流すのが流行ったりした。

その動画の中でも人気を誇ったのが、バンプオブチキンのラフメイカーが流れるこの動画だろう。ちなみに俺はこの動画でバンプを知った。

 

 

驚くべきは、俺みたいにフラッシュを通してバンプを知ったって奴が結構な人数いることだ。

それほどまでに当時のフラッシュってのは影響力があった。

あれから10年以上が経ち、おもしろフラッシュのおの字も聞かなくなった。

さて、果たして今見てもおもしろフラッシュは面白いのか?

今回は懐かしのフラッシュ動画を見ていこうと思います。

 

 

 

・ペリー来航

これめちゃくちゃシュールだな。

6分あるじゃん。

掛け合いとかなく、ひたすらペリーのネットリ1人語り。これが流行るってマジで2000年代ちょっとおかしかったんじゃない?

青い吹き出しは何かな?と思ったら、ただのダジャレみたいなしょーもない画像が時たま表示されるだけだし。

あと、左上にいるやつらのメンツはちょっとカオス過ぎでしょ。なんだよ、ちびまる子ちゃん高杉晋作に森総理って、シャブでもキメながら作ったんじゃねえか?

 

いろいろと言いましたが、今見ても結構笑えました。

 

・この中に1人!!お前や!!

これ、今調べたけど元ネタは嘉門タツオなんですね。

これほオーソドックスに面白い。なんだか、落語的なオールド感と職人芸のような安定感がある。今見ても面白いし、多分あと10年後みても絶対面白い、おそるべし嘉門タツオ。流石プロ

 

・無個性戦隊〇〇レンジャー

これ、昔やってた。死ぬほどハマった記憶あるけど、今見るとかなりショボいな。グラとか、操作性とか、でも、当時はどハマりしてたんだよな。裏技使うとグレーが使えるんだよ。

ちなみに、俺も久し振りにやってみました。

ショボいけど面白い。今はこう言うショボいゲームってあんまりないよね。懐古主義かもしれないけど、こう言う雰囲気結構好きだよ。

 

・チバ シガ サガ!

うわ、懐かし!!!ってなりました。

当時人気でしたね。元ネタはラーメンズのネタらしいですね。クソシュールですね。

ちなみに、見てて思い出したのですが、俺はもともとラーメンズのネタがそこまで好きではないのでクスリとも笑いませんでした。

でも、とても懐かしい気持ちになりました。

ちなみにラーメンズは好きじゃないけど、ギリギリジンジンは大好きです。

 

・小小作品

中国で作られた動画。

このシリーズは今見ても文句なしに面白い。

これ、ずっと見ちゃうのはなんでだろう。謎の中毒性がある。当時もこの小小シリーズ大好きだったな。

 

 

結果

おもしろフラッシュは今見ても結構面白かったです。ただ、俺はあくまでも当時を知っているからこそ、同窓会的な気持ちで楽しめたと言うこともあり、今のヤングエイジがこれを見たときに果たしておもしろいと思うのかどうか。

 

兎にも角にも、おもしろフラッシュは永遠に不滅です。