有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

お金って結局なんなんだ?「億男」ネタバレ感想

昨日は、大学の時の先輩と、大須でリアル脱出ゲームで走り回って、ドトールで一服して、相席屋行って、ナンパしてと散々遊びまわったあと、映画でも見に行くかとなった。

レイトショーで億男を見たが、これがどーにもこーにもなんとも言えない話だったので、ご紹介。

 

f:id:yuugentmugen:20181021140613p:image

 

原作はあの映画プロデューサーの川村元気さんだそうですね。

売れっ子中の売れっ子じゃないか、マジでこの人なら1億円くらい持ってそう。

 

で、どんな話かと言うと…

 

借金3000万円を背負ってしまった主人公一男(佐藤健)は妻(黒木華)と娘にも逃げられ、借金返済の為に昼は図書館の司書。夜はパン工場の夜勤をしており、心身ともに限界寸前。そんなおりに、偶然手にした宝くじが当たり、3億円を手にする。

一気に億万長者となった一男は親友で会社経営で億万長者の九十九(高橋一生)にお金の使い道を相談する。

しかし、九十九は一男の3億円を持って姿を消してしまう。

一体九十九は何処に消えてしまったのか?

そして、お金とは一体なんなのだ?

 

と言うのが、大まかなあらすじ。

結論から言うとこの映画あんまり面白くはない

話が冗長、結局お金の正体とは?と言う結論も弱い。話に山も谷もないので見ていて眠くなる。それだけではなく、説明不足故にそれぞれの登場人物の機微が分からず、ただのワガママな人に見えたりする。

とは言うものの、お金とは?と言うテーマに真っ向から挑んでいるのは評価すべき点であると思う。

 

※予告編貼っときます

 

 

 

 

 

 

・冗長過ぎ!長すぎるモロッコ

まず、この映画の構成が

 

起:一男の金を九十九が持ち去る

 

承:九十九の元同僚たちに九十九   の話を聞く

 

転:九十九とのモロッコ旅行の回想

 

結:九十九との再会

 

てな感じです。

まず、テンポがすっごく悪い。

九十九の元同僚が、北村一輝、藤原竜也沢尻エリカ

と超豪華。それぞれが九十九と経営していた会社「バイカム」の売却に伴い、億と言うお金を手に入れたわけだが、それぞれがそれぞれのお金への価値観を語るシーンは、胸くそ悪くも「なるほどな…」と聞いてきて、興味深くも感じた。

しかし、いかんせんこいつらの出ている時間が長い。

この3人の話だけで1時間くらい食ったんじゃないかな?話は面白いけど、ストーリーとしては一切話が進んでいないわけで、やはり冗長なんです。

 

次にモロッコ旅行の回想。これも長い…長すぎる。明らかにこんなに尺を裂く必要がない。

また、旅の途中に九十九が落語の「芝浜」

を一席やるんだけど、これが物語の大きな伏線であることが、終盤判明するも、この芝浜のシーンが本当に一瞬でしかなく、伏線と言われても「え?」ってなっちゃう。

高橋一生佐藤健がモロッコを歩くだけのシーンでこれまた30分くらい使う。 

なんでこんなことをしたんだろう?

 

 

 

 

黒木華さんよそれは違うぞ

f:id:yuugentmugen:20181021144146j:image

妻役の黒木華さんが今作一番のツッコミ所な気がする。

一男が借金をしたから一男の元から離れたのではなく、借金のせいでお金に囚われるようになったから一男の元から去ったと言う黒木華さん。

 

2人には娘がいるんだけど、娘がバレエをしたいと言いだした。でも、借金もあり、月々の月謝、発表会費用などバカにならない。そこで、一男はバレエを辞めさせようとするんだけど、これに妻の黒木華さんがご立腹。

これが離婚の一番の理由と言う風に描かれているけれど、

 

 

黒木華ヤバくね!!!

脳内お花畑かよ!!!!

 

普通、バレエさせねえし、一男が寝る時間削って働いた金でバレエさせて、自分も養ってもらっているのにそんな事であなたは変わった!とか言われても一男が可哀想だろ。

バレエやらせたいんなら、自分も朝から晩まで働いて寝るまも惜しんで頑張るから、一緒にがんばろ!

とか言っとるのなら、めちゃ共感できるけど、結局、一男に金がないから別れただけじゃん。

そもそも、借金こさえて、変わらない方が無理なんじゃない?それでも一緒に頑張るのが夫婦なのではなかろうか?

 

多分、小説版を読んだら、もっと詳しく分かるんだろうけど、そこら辺の機微が全くわからないので、黒木華さんがただの頭お花畑のお嬢さんにしか見えなかった。

 

余談だけど、女の子って喧嘩になった時、なんであんなに、「我こそは正義、貴様は悪」的な言い方が出来るのだろうか。

自身を正当化する能力に女性は長けているような気がするぞ…

 

俺の最近の不満が少し出たところで話を続けよう

 

 

 

 

・結局、お金とはなんだったんだ

 

ラスト、九十九が一男の目の前に現れ、3億円を返す。

一男は九十九が「3億円を持った一男が道を謝らないように」と戒めの意味も込めて3億円を持って消えたのだと言うことに気がつく。

 

一男「それでもわし、九十九の事信じてたで」

 

九十九「君のお陰でお金の意味が分かったで」

 

バンプオブチキン「ランラーララーラー」

 

 

完結

 

 

まてまてまてまて!!

結局お金ってなんだったんだよ!!??

 

 

もう、俺はついていけなかった。結局、「お金=信頼」と言う事が言いたいんだろうけど、それに足る根拠があまりにも脆弱すぎて、いまいちしっくりこなかった。

 

 

それでも、なんとなくいい風に感じるのはバンプの新曲「話がしたいよ」があまりにもいい曲だからだろう。

 

 

 

 

・結局…総括すると

いろいろ書いたけれど、お金と言うテーマに真っ向から挑んでおり、登場人物達の語るお金への価値観は聞いていて面白い。

ただ、やはり冗長すぎる。

もうすこしなんとかなったのではないかと思わずにいられない。

 

とりあえず、バンプの新曲、「話がしたいよ」をみんなよろしくな!!!