有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

絶対に映画館へ見にいくべき「ボヘミアンラプソディ」(ネタバレ感想)

f:id:yuugentmugen:20181117224018j:image

 

2018年秋の超話題作、大ヒット公開中のこの映画。

監督はブライアンシンガー、あの伝説のバンドQueenの伝記映画

ボヘミアンラプソディ」を見てきたぞ!!!

 

 

 

一言感想を言うと、素晴らしかった!!!

 

 

・これは映画ではなくロックショーだ

 

監督、ブライアンシンガーはx-men シリーズでおなじみの実力派エンタメ監督。

(アポカリプスはつまらなかったぞ。もっと頑張れ)

そんな大物監督があの「Queen」の伝記映画撮るとか、面白くないわけがねえだろ。

 

今日、映画館行ったら休日という事もあり、ほぼ満席、客層はQueen直撃世代のナイスミドル達がやや目立っている印象。

自分、Queenは超にわかで有名曲とメンバーの顔と名前くらいしか知らない。

と言うか、フレディ・マーキュリーよりも魁!!クロマティ高校のフレディ

を先に知った俺にとって、フレディマーキュリーってなんとなくヤバイおっさんのイメージが拭いとれない。

f:id:yuugentmugen:20181117230248j:image

クロマティ高校1年生フレディ。

 

そんな俺が行っても楽しめるのだろうかと不安だったが、完璧に杞憂でした。

 

 

まず、この映画、Queenの誰でも知っている名曲たちがバンバン劇中に流れるんだけど、それがめっちゃくちゃ素晴らしい。

これだけで、もう、俺、大満足ってくらい。

と言うのも、劇中音楽制作にQueenのギタリスト、ブライアンメイが携わっているらしい。

はい、本家登場です。

そりゃあね、いいに決まっとるでよ。

だって本人だぞ

あの、名曲の数々を映画館の大音響で聴いた時、もう、本当に感動した。

特にタイトルにもなったボヘミアンラプソディがかかった時の感動たるや

 

また、Queenを演じた役者たち全員本物とそっくり、ってだけじゃなくて、ライブでの動きも超そっくりで完コピしてんのよ。

んで、その動きが映画館の大画面に映えるんだわ。

 

最早、この映画は映画というジャンルを超えた、1つのアトラクション。

言うなれば、2時間に及ぶ、ロックンロールミュージカルと言っても差し支えない。

 

DVD出たら見るわって人もいると思うんだけど、映画館の大画面、大音響で観ないと多分あの感動は味わえないので是非とも映画館で見てほしい。

 

・ストーリーについて

 

ストーリーはフレディマーキュリーの半生を通じ、彼とQueenと言うバンドの隆盛を描いている。

フレディマーキュリーの半生を描くわけだから、彼のセクシャリティについて描かざるを得ないわけですよ

その描き方と言うのが、LGBTが社会で大きく取り上げられている現状ととてもマッチングした作りになっていて、正に、今この時に公開されるべくして公開された映画なのだと感じた。

 

 

物語は1970年、Queen結成から、1985年、人気が低迷していたQueenの起死回生のライブとなった20世紀最大のライブイベントライブエイドでのアクトまでを描いている。

 

序盤は普通の青春映画といった感じ、劇中歌こそ素晴らしいものの、よくある若者達の成り上がりストーリーで、まぁそこそこかなと言う印象だった。

 

しかし、ボヘミアンラプソディが収録されているオペラ座の夜以降、フレディは自らがゲイである事に気付き始めるところから物語が大きく動き出す。

 

婚約者メアリーとの破局、バンドメンバーとの不仲、そして、心の隙間を埋めるように毎晩乱痴気さわぎを繰り返しどんどん孤独になっていくフレディマーキュリー。

 

かつては家族とまでお互いのことを言っていたメンバーとの衝突の末バンドは休止状態へ。

マネージャー兼恋人のポールはフレディなんてお構いなしに、フレディ働かせまくって、自分は好みの男と遊ぶ最低のホモ野郎。そんな折、フレディが吐血。エイズを発症したのであった。

 

えー、これ一体どうなんの〜!

とハラハラしましたわ。

まぁ、展開知ってはいるんだけどね。

ここら辺のフレディが可愛そうでほんと見てられなかった。多分とっても心がピュアな人だったんだろうな。それ故に孤独やプレッシャーに耐えきれず、薬や男に手を出して自らの寿命を縮めることとなってしまったのだろうな。

 

 

そんな荒んだ生活を続けるフレディを心配し、元婚約者でフレディの無二の友人でもあるメアリーが彼の元に駆けつける。

彼女の言葉によりフレディは再帰

ポールをクビにし、メンバーに謝罪し、再びQueenとして活動していくこととなる。

Queenは20世紀最大の音楽イベント「ライブエイド」への出場を決意。

しかし、病魔はフレディの体を蝕んでいた。

そして、ライブエイド当日。彼は思い人ジムハットンの元を訪れ、彼を伴い両親の元へ。

両親にほぼ、自らのセクシャリティをカミングアウトし、長年の確執のあった父親と和解。

そして、ライブエイドへ。

ラストの20分間はライブエイドでのアクトを完全再現。

簡単ではあるが、このような流れである。

 

まずね、フレディの友達みんないい奴(ポール以外)

 

メアリーは、フレディがゲイと知った後も彼と暖かな友情で結ばれていたし、バンドメンバーはすったもんだあった後もフレディを見捨てはしなかったしね。

 

印象的なのは思い人のジムハットンをメンバーに紹介して

「こいつのことどう思う?」

と聞いた後、ブライアンメイが

「うん、いい奴そうじゃん」

と答えるシーンがあるが、ここら辺のやりとりが非常にほっこりしてて良かった。

 

また、フレディが両親にゲイである事を暗にカミングアウトしても、両親は彼のことを受け入れた。そして、確執のあった父親との和解。このシーンは泣けた。

どーにも、こう言う親子ものに俺は弱いんだよな。

 

このように、劇中ではフレディのセクシャリティについて、非常に配慮し、かつ暖かく描いている。

 

 

そして、なんと言ってもやはり語るべきは

ラストの20分間のライブエイドの完全再現だろう

 

 

 

実は俺、この映画でここだけが唯一不満

 

 

 

というのも、ここでのシーンがあっからさまにCGって丸わかりな出来だからである。

 

お前らPS4か!?って感じの画素で映るCG観客の前で演奏するQueen

演者が好演している分、余計残念である。

無理かもしれないけどさ、本当にスタジアムに人入れて撮影すりゃ良かったのにね。

そこだけはいただけませんでした。

とはいえ、やっぱりライブシーンでかかる名曲達は最高でした。

実際のライブ映像。

 

 

 

兎にも角にも、これは名作でした。

 

見るなら是非とも映画館へ。