有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

オールドタイマー

f:id:yuugentmugen:20190421154004j:image

桜も散ってしまった。

もう陽気は初夏と言っても差し支えないほどである。

思えばブログを1ヶ月以上更新していなかった。と言うのも理由があって、単純に忙しかっただけなんだけれど。

仕事は年度末決算業務が立て込み、プライベートではその憂さ晴らしをするように毎日飲んで踊って歌って暮らしていた。

そしたら、ひどい体調不良に襲われてここ数日会社を休むことになってしまった。

1人、高熱にうなされながら「俺はこのまま死ぬのではなかろうか?」と泣いた。

 

4月の初めからだいぶ体調はよろしくなかったが、高熱の決定的な原因は3月の末に行ったライブであろうと推測する。

 

3月末に実に2年半ぶりとなるライブを敢行した。私、実はバンドマンだったのです。

久々のライブでフロアもそこそこの賑わいを見せる中、我々トリだったもので、年甲斐もなく歌って踊って騒いでいたらフェンスの上から落っこちて腰を強打したりと、終わってみれば満身創痍で汗ダラダラ。

久々のライブだったもんで着替えを忘れると言う愚行を犯してしまい、しゃーなし、汗臭い服のまんま打ち上げまで出た。

 

それ以降、日に日に喉の調子がおかしくなり、はてな?と思っていたらば高熱であったわけです。

 

高熱にうなされながら感じたことは、ある程度俺も年をとったな…と言うことだ。

熱が出ても昔は一晩で治ったもんだが、20も半ばを過ぎ、日頃の不摂生と運動不足の賜物で熱がまったく下がらなかった。

 

思えば、ライブの対バン相手もだいたい年下であった。彼らの目から俺はどう写っていたのであろうか?と少し考えたが、すぐどうでもよくなってやめた。

 

暇だったので色々と考える時間が嫌という程あった。

仕事はお世辞にも上手くいっているとは言えない、媚びへつらっているおかげで、先輩からは『仕事は出来ないが、性格は良いからギリ許せる』との有難いお言葉を頂いて感無量である。

やめてやろうかな?と思う時もあるが、これから、今以上に給料高くて休み多いところは見つかりそうにない…オロローン…

 

とか考えていると、女友達がポカリと食料を差し入れしてくれて非常に助かった。

彼女がまたくせ者なんだけど、彼女の話までしだすと非常に長くなるので今回は割愛させてもらう。

 

そんなこんな怒涛の4月だったもので日課の映画鑑賞もおざなりなもので、今月は2本しか映画を見ていない…

 

今年の目標は映画鑑賞年間100本、あといい加減小説を完成せねば、あとはバンドの曲も作らねばだし、前に撮った動画の編集もしなきゃだ。

こうやって書くと意外とやること多いな、少し前に、本業ニート、副業サラリーマンと考えたらだいぶ楽になったと言うTweetが回ってきた事があるが、なるほど、俺の場合、本業小説家(自称)バンドマン(自称)動画ディレクター(自称)映画ライター(自称)、副業サラリーマン。と言ったところか、こうやって書くとなんとなく楽しくなってきた。

 

また夏がすぐ来る。