有限会社MUGEN本舗

ゲーム、バンド、漫画、映画、小説、なんでも批評ブログ

トイ・ストーリー4が公開されるが、俺はウッディがめちゃくちゃ嫌い

f:id:yuugentmugen:20190217204356j:image

 

トイストーリー4が今年(2019年)の夏に公開される。

え!?ちょっと前に3やったばっかりじゃん!

と思っていたが、なんと3は2010年公開なので、もう9年も前の映画なのだ。

と言うか、2010年はもう9年前なのだな…

悲しいかな、俺も今年26歳であり、アラサーの仲間入りである。

時間の流れとは早いものだ。

思えば、トイストーリー1は1996年公開であり、当時、俺は3歳。

物心ついた時から、トイストーリーのビデオが家にあり、狂ったように毎日トイストーリーを見ていた。

更に3年後の1999年にトイストーリー2が公開される。もちろん俺は映画館に連れてってもらって映画を見た。

おもちゃ達の大冒険に心を躍らせたものである。

その時、俺は6歳。見た後、当然のように、ウッディとバズの人形が欲しくなる。

毎日、「買って買って!!!」と親にすがったものだ。

そして、忘れもしない6歳のクリスマスの朝、

枕元にはバズとウッディがいたのだった。

俺は嬉しくて嬉しく毎日ウッディとバズで遊んだ。

 

しかして、そんな日々も長くは続かない。

俺も映画の中のアンディのように、大きくなるにつれておもちゃ遊びをしなくなっていき、ウッディとバズを押入れの中から出すこともなくなっていった。

 

そして、9歳のある日、バズの人形だけ、居なくなっていた。母に聞けば、俺が学校に行っている間に、母の友人とその息子が遊びに来ていたそうな。そしてその息子さんがいたくバズ人形を気に入り、持って行ってしまったとのことだった。

 

その頃、おもちゃよりも新発売されたPS2にどハマりしていた俺は、「まぁ、別にいいんでないの?にしても、ウッディだけ置いて行くなんて、その子はトイストーリー見てないのかな?」と思ったもんだ。

 

それから数ヶ月後、我が家は引っ越すこととなった。荷造りの途中、兄貴が「おい、ウッディは次の家に持って行くの?」と言いながら、ウッディ人形を俺に近づけてきた。

 

ウッディの顔をマジマジと見た時、俺は思った。

 

 

「こいつの顔、超怖えええ!!!」

 

言いようのない恐怖をウッディ人形から感じた

「そんなもん、近づけるな!!!」

俺はウッディ人形と兄貴から逃げた。

それ以来、兄貴は面白がって、押入れに俺を閉じ込めたりして俺を怖がらせて遊ぶようになった。

もちろん引越す際にウッディ人形は持って行くことはなかった。

 

 

 

それから数年が経ち、俺も立派なティーンエイジャーとなった。

あれは中学2.3年生の頃だろうか?

学校から帰って、リビングでくつろいでいると、本棚の上に何やら見慣れたフォルムの人形が鎮座している。

 

「ウッディ人形ダッッ!!!」

 

俺は恐怖に打ち震えた。

なぜ?なぜ人形がここに!?

 

母に聞けば、どうやら親父が前の家から持ってきたらしい、俺はすぐさま親父を問い詰めた。

 

 

「いやー、久々に前の家を掃除してたらな、目があってな!!!!

呼ばれた気がしたんや!!!

 

 

……

…………

……………

こっっっわ!!!!

 

家族の間で、リビングの本棚ではなく、俺の部屋に飾ってやりなよ!との提案があったが、俺はそれを断固として拒否した。

その日は眠れなかった。

ウッディ人形が俺の部屋に押し入ってきたらどうしよう?なんて、ずっと考えていた。

 

 

それ以降、ウッディ人形は未だに我が家の本棚にいる。

 

だから、俺は未だにウッディ人形が怖いし、嫌いだ。

まぁ、トイストーリー4は見に行くけど…